2018年マルクス生誕200周年記念国際シンポジウム

マルクス生誕200周年記念国際シンポジウム「21世紀におけるマルクス」は、カール・マルクス生誕200年を記念して、経済理論学会および経済学史学会など関係7学会の合同企画として、21世紀においてK. マルクスの理論・思想・学説がもちうる意義を、批判的観点も含め学術的に総合的・多面的に討議し、新たな社会科学・社会思想の開放的ビジョンの創出を目指して、海外関係諸学協会および主要研究者とも幅広く共同して開催いたします。

日時:2018 年 12 月 22 日(土)・23 日(日)
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎 薩埵ホール他

日本語報告追加募集要項ダウンロード(PDF)

報告募集要項ダウンロード(PDF)

報告申込はこちら

 


募集要項

1. 報告募集テーマ

全体テーマ「21世紀におけるマルクス」の次の3つのサブ領域に関連したテーマによる論文と報告(英語または日本語):

(1) マルクスの理論・思想の意義の歴史的・客観的研究
(2) マルクスおよびマルクス主義の過去の影響と経験の研究
(3) マルクスおよびその後継者による理論と思想の特徴的諸相の意義、ならびに21世紀におけるそのオールタナティブの研究

※(1)・(2)の領域の報告については、主に、分科会方式(並行セッション)(英語ないし日本語)で組織する。
※(3)の領域の報告については、分科会(並行セッション)(英語ないし日本語)のほか、全体セッション(英語、一般公開、同時通訳付を予定)を組織する。

2. 報告希望の受付と締め切り・審査

報告希望者は、上記(1)~(3)のいずれの領域に該当するか明記した上で、①「報告テーマ」(日本語・英語)、および、②報告要旨(日本語:A4版、1,200字程度および英語要約400~1,000 wordsを、201831日―331の間に、ページ上部または以下の入力フォームに必要事項とともに記入して、ご応募ください。→日本語報告の追加募集をいたしております。2018年5月7日までに,ページ上部または以下の入力フォームに必要事項とともに記入して、ご応募ください。

報告応募入力フォームはこちら

日本語での報告か、英語での報告か(あるいはいずれでもよい)かを、明示して下さい(日本語報告をご希望の方も、英語の報告タイトル・要旨もあわせてお願いいたします)。
※報告の採択後、フルペーパー提出と合わせて英語要約(400~1,000words)をご提出ください。
※e-mailにてご提出をご希望の方は、応募申し込みフォームWord / PDF)をダウンロードし、必要事項をご記入の上、実行委員会宛(marxinthe21stcentury.jspe (at) gmail.com)に、お送りください((at)を@に変えてお送りください)。

3. 審査結果の通知

報告への応募については、実行委員会の責任にて審査し、採否は2018年5月31までに通知します。

4. 報告論文(フルペーパー)の提出

報告の採択者は、20181031までに、報告論文(フルペーパー)を提出して下さい。

※宛先 e-mail: marxinthe21stcentury.jspe (at) gmail.com((at)を@に変えてお送りください)。
※報告論文は、実行委員会にて編集し、WEB公開、ならびに報告集として刊行を予定。

5.大会参加登録・参加費

シンポジウムへの参加登録は、2018731までに、本Webページ上にてお願いいたします(準備中)。
※シンポジウムへの参加費は、10,000円(2日間)。懇親会費:5,000円(第1日目のセッション終了後に予定)。参加登録の際にお支払下さい。